【成功の秘訣】自動販売機の設置は通行量の多いところがマスト

女性

来客者も満足

コーヒー

オフィスで人気のあるオフィスコーヒーのマシンは、今やどの企業も普通に導入されていてあらゆる場面で利用されています。社員が喉を乾かしているなら、自販機で購入したり水を飲んだりすればいいのかもしれません。ただ、オフィスコーヒーがあることにより、缶やペットボトルのドリンクにはない本格的な味わいがオフィスで実現するのは大きな魅力。わざわざコーヒーショップに出かける手間も省けるので、時短と満足度アップが叶うことでしょう。こうした部分は企業の福利厚生として取り入れやすいところから、導入が進んでいます。

また、オフィスコーヒーは、オフィスで働く社員向けだけではなくオフィスに訪れる顧客や取引先向けにお出しするドリンクにも使えます。昔はお茶っ葉を急須に入れて湯のみに注ぐようなスタイルがスタンダードでしたが、最近はペットボトルや缶、オフィスコーヒーのドリンクに切り替わっています。これは、時代の流れによって顧客や取引先の好みを考えて選ばれるようになったことや衛生的な観点から切り替えたことなどが挙げられます。
ただ、ペットボトルや缶もいいですが、それでは1本あたりの単価が高くて経費が高くつくこともあるでしょう。オフィスコーヒーで選択できるコーヒーやお茶、紅茶などのドリンクなら、1杯あたり20~30円で済ませることも可能なので経済的です。内向きにも外向きにも使えるオフィスコーヒーは、機能面やランニングコストを考えて、その企業に適したものを選ぶようにしましょう。